2009.02 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2009.04

日韓氷上決戦!残念!

  • 2009/03/31(火) 19:42:15

WBCの仇は、銀盤で!」とばかりに世界フィギュアのフリーは、キム・ヨナVS浅田真央の

 

因縁の対決に日韓の視線は釘付け状態だった!



とてつもないプレッシャーの中での閉塞感にもめげず、最初のトリプルアクセルは、気合い

 

スピード共に十分で見事クリアー!


点差を考慮するともう一度トリプルアクセルを決めないと、ポイント的に逆転は不能!


言わば必須条件であり、十分条件ではない!


その絶対絶命のピンチの中で、踏み切りに全神経を集中したのだろう、しかしその集中力は

 

踏み切りのタイミングに集中させすぎた!


一番大事な入りの進入スピードが、完全に遅すぎた!


素人のメタおやじにも明らかに無理と思える程、脅えているのかようだった!


対称的だったのが、安藤美姫!ポイント的に金メダルには無理があった為、銅メダル以上を

 

想定し、ノーミスにまとめた上での表現力勝負と言った戦略だったのだろう!


ほぼノーミスにまとめ、躍動感のある演技で見事銅メダル獲得!同時に復活の勇姿を

 

世界に見せつけた!


今回の覇者となったキム・ヨナは、これまで演技時間の短いSPでは浅田をリードしておきながら、

 

持病とも言える腰痛と股関節痛の為、フリーで浅田に逆転を許す事もあった!


しかし、今回の演技を見る限り、もうそれらの痛みからは開放されたのではなかろうかと思わせる

 

スピードと高さとブレのない回転(ひねり)だった!


 

加えて表現力にも更に磨きがかけられて来たようだ!


 

おそらく浅田にはその飛躍ぶりが、練習のさなかでも垣間見る事が出来ていたのであろう!


 

今回は、正に「精彩を欠く」と言う表現がピッタリな程何かに脅えている真央ちゃんと言った感が

 

拭えなかった!

 

キム・ヨナの200点オーバーは女子初であり、他は誰も記録していない!


 

特に、ほぼすべての技術で加点をもらい、表現力を評価する5要素で唯一人8点台後半を

 

マークするという群を抜く成績は、正に別世界にある!


バンクーバーまでにメンタル面の強化並びに新たな技を身につけておかないと・・・


とさえ思わせる敗北だった!


もうひとつ感じた事はキム・ヨナは顔も少しイジッタなって事!


以前より柔和な優しい顔になってる!


いじらんでなってたら凄いけど・・・・・


韓国は、みんなやってるから珍しくないよね!


そういえば前の大統領も目を二重にしてたよね!


話は、変わってモータースポーツ!世界景気の急速な減退を見て、ホンダは「本田宗一郎の夢

 

F-1からの撤退を発表した!

後を引き継いだのが、ブラウンGP・メルセデスチーム!なんと開幕となる豪州GPで1・2位を独占

 

の快挙!

 

エンジンが替わったせいなのか?(ちなみにメルセデス.ベンツ製)


 

いや、それだけでなく今季のレギュレーション変更で、フロントウイングは広がり、リアは

 

狭められたが、ブラウンGPはホンダ時代の約1年半前から開発を開始していた!


 

他のチームも、テストを繰り返し行っていたが、準備期間の差はエンジン以上に如実に表れた!

 

ライバルのマクラーレン・メルセデスが全く精彩を欠く走りだった事からもそれは明らかだった!


 

ホンダの技術力は、チームが売却された後も生きていた訳だ!


 

なんとも皮肉で勿体ない話だ!


 

最後に、センバツだが長崎の清峰が堂々のベスト4進出!


 

古豪・名門・伝統校の形容がつく箕島を相手に15安打で8-2の圧勝!


 

エース・今村は8回迄で余力残し降板したものの4安打10奪三振と今大会26イニング連続無失点

 

は継続中!


 

俄然、優勝への期待が高まって来た!


 

行け!清峰!全国制覇迄あと二つだ!

SPで10.06点以上のビハインドで、先に演技を強いられる浅田!

W杯へあと1勝!

  • 2009/03/29(日) 19:38:30

やっとホームで1勝となったバーレーン戦!


あれだけボールを支配出来る格下のチームにホームでFKによる1点のみ!


目標がW杯出場ならそんなもんで仕方ないと甘んじる他ないと言うか?


FKの1点のみと言う事実に不快感を示すメタおやじの期待し過ぎと言うべきか?


もっと志しを高くして頑張って欲しいものだ!


一方、真央ちゃんだが、ルッツジャンプ(アクセルもルッツも良く理解していないメタおやじ)を

 

ミスって3位!もともとエッヂの使い方で修正を迫られるジャンプだったので、自信のなさ、

 

の分だけ回転が不十分だったのでは・・・・


出遅れの3位ながらフリーでトリプルアクセルを2回入れるはずだから、キムヨナ次第で十分

 

逆転はありえる!


昨日、番狂わせが起きたのが、センバツの南陽工VSPL学園!


9回表を打者27人ノーヒットに押さえて、サヨナラ勝ちのチャンスが来たにも拘わらず、あと1本

 

のヒットが出ずに、延長戦突入!


中野投手の記録は、勝つまでは記録されない!


29人目の打者に初安打を浴びた失意から、一挙に2点を失ってしまった!


味方が2死から2安打を連ね、1点差に追い付き、サヨナラ勝ちのチャンスと言うところ迄

 

行ったが、後続が断たれゲームセット!


ノーヒットノーランの記録と勝利を一度に無くしてしまった!


勝利の女神は非情だ!


長崎の清峰はエースが11奪三振で、二試合連続の完封勝ち!


今日は、大分の明豊!ご存知城島選手の母校「別府大学附属」が合併改称した学校だ!

 

校歌は、かぐや姫の南こうせつという何かと話題の豊富な学校だ!


勝てばベスト8!


話しは、スポーツから離れてETCだが、全国的に昨日スタートとなったが・・・・


ETCゲートの誤作動やトラブルは無かったとか、渋滞もゴールデンウイーク程の大渋滞も

 

起きなかった?


当たり前の事を報道してんじゃないっつうの!


まだ助成金を当てに車載機の取付も覚束ない状態なのに、既に大渋滞で全国麻痺なんて事に

 

なるようならせんほうが良い!


しかし、ゴールデンウイークは大変な事になる可能性大ですね!


遠方に行きたいけど、ETCの車載機をまだ付けてない人は、トヨタレンタカーでETCナビ付き

 

ハイブリッド車を借りたら、ガソリン代も節約出来て良いかも????(私のことですけど

日韓対決!WBCから銀盤へ!

  • 2009/03/28(土) 19:36:46

5度に亙る熱戦となった日韓戦はWBCでは、日本が制し、世界一となったが、今度は

 

氷上の日韓戦へと世界の熱い視線が注がれようとしている!


 

世界フィギュアが開幕し、浅田真央キム・ヨナ今季3度目の対決となるからだ!


来年のバンクーバー五輪でも金メダルを争うと見られている18才の2人が世界女王の 座を争う。

 

浅田が勝てば連覇キム・ヨナなら初制覇となる!


又、サッカーはW杯予選で、バーレーン戦が埼玉スタジアムで行われる!


只今日本は、勝ち点8で同10点の豪州に次いで2位に付けているバーレーンは同4点で3位!


 

このカードは岡田監督就任後、既に4度の対決があったが、戦績は2勝2敗と五分の上、

 

いずれも1点差の接戦でした。

 

日本が勝てば本大会出場に大きく前進する事となるが、負ければ混戦に呑み込まれる恐れが

 

ある!


最終予選A組でこれまでアウェーでバーレーン・カタールを下しているものの、ウズベキスタンと

 

豪州にはホームにも拘わらず、引き分け続きで勝ちがない!


 

何としてもここは、ホームで勝ちを拾って弾みを付けたいものだ!


 

あっという間に終わった春の高校バレーは、東福岡決勝進出で盛り上がったが、惜しくも

 

準優勝!都城工(宮崎)が初V!女子は東九州龍谷(大分)が連覇を果たした!


 

九州勢強し!


 

センバツも清峰(長崎)明豊(大分)が勝ち残っており、期待が高まる!

来た挑戦には、注意勧告!

  • 2009/03/26(木) 19:32:39

WBCも韓国の挑戦朝鮮)を退け、見事2大会連覇を達成し、シャンパンファイト打ち上げ

 

盛大で良かったなって思ってたら、何を血迷ったか?北朝鮮から新たに来た挑戦

 

 

長距離弾道ミサイルとみられる「人工衛星」の打ち上げ予告してきた!


25日午前、米政府筋によると舞水端里(ムスダンリ)の発射基地に「テポドン2号」が発射台への

 

設置を終えているとの事。

 

点検・整備・燃料充填等の事を考慮すると、予告している日程の4/4〜4/8に十分発射可能な

 

態勢に入ったらしい!


 

さぁ、どうする「あっそう総理」?


 

安全保障会議で迎撃の為の「破壊措置命令」の発令の了解を早急に決定して、得意?の外交

 

交渉で北朝鮮来た挑戦)に注意勧告韓国)をしなければ!


 

イージス艦のSM-3で迎撃しないと、PAC3だと間違えば、国内上空から破片又はロケット

 

そのものが落ちて来ないとも限らない!


 

飛んでもない国から、ロケットが飛んで来ないように誰かして!

侍ジャパン世界一決定!

  • 2009/03/24(火) 19:15:52

WBCの初戦の先頭打者は、勿論イチローでした。


口火を切って見事クリーンヒットでスタートしたものの、直後からバットに鉛が巻き付いたのかと

 

思わせる凡打の山を築く事となって行った。

 

BatがBadになっちまった!


 

スーパースターのプライドがずたずたになって、もがけばもがく程ぬかるみに足を取られる

 

が如く、日増しに深刻さも増大して行った。

 

そんな中で、もう一人出場の機会すら与えられず、裏で必死に闘っていたのが川崎宗則(我等が

 

宗リン)だった!

 

前回大会からイチローをリスペクトし、代表の背番号もイチローの次の52を着ける等「ひょっとして

 

その気があるんじゃないの」と疑われかねないと心配する程の思い入れがある!


 

昨日のアメリカ戦では、念願叶って9番サードでスタメン出場の機会を得、その活躍たるは正に水

 

を得た魚と言って良い程のものでした。

 

試合終了後のインタビューで「僕は出れない試合でも、ベンチで闘っていました」だって!

 

涙が溢れてどうしようもなくなりました!

 

なのに今日はスタメン落ち!「原君!それはないだろう!」メタおやじは、我慢できずに電話し

 

ようと思ったが、残念ながら原監督と面識がない事を思い出し断念しました!


 

そして今日。

 

9回の裏ツーアウト1・2塁から一打サヨナラの大ピンチ!何とか凌いで10回の表ワンナウト

 

1・2塁で「ピンチヒッター!か・わ・さ・き!」残念ながら凡打に倒れ、おそらく次をイチローに

 

託しただろう!

 

そこで韓国も勝ちムードになっていたからか?

 

無理をしてでも、イチローに真っ向勝負を挑んで来た!


 

結果は皆さんご承知の通り2点タイムリーを放つ事となった!

 

最初と最後を飾ったのは、やはりイチローだった!流石はスーパースター!

 

いや敢えて千両役者と呼ぼう!


 

不調を引きずっていたさなかにあっても、志願早出得打ちをする等、自らの自信とブライド

 

回復の為の努力を惜しまない!

 

その姿勢こそが、川崎や他の選手の範となったに違いない!


 

100年に一度の不況と言われ、暗いムードが立ち込めてきつつある中で、勇気と感動を貰った

 

大会でした!

 

原監督!よう頑張ってくれた!有難う!


 

面識ないけど・・・・・・