2010.12 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2011.02

大木戸

  • 2011/01/20(木) 00:01:55

福岡にも讃岐うどんを名乗るお店が、方々に出来てきましたが・・・

全国チェーンだったり、名ばかりの讃岐うどんだったりで・・・

ちょっと期待に沿わないお店も・・・

しかし、ここはれっきとした本店が香川県高松市にあるうどん屋さんの支店なのだ!

お店の名前は、「さぬきうどん 大木戸 福岡舞鶴店」 !

本場さぬきうどんの支店なので、メニューも、ん?何これって言うものが散見される!

たとえば、左の温かいうどんの2番目にある「かけ そのまま(ひやあつ)」。

普通のかけうどんだと、茹で上げた麺をしめたあと再度お湯で温めてから熱いおだしを

かけて出されるのだが・・・

これは茹で上げた麺を冷水でしめたものに「そのまま」熱いだしをかけて出されるので

にゅるとしてもっちっとした食感が堪能できるのです!

「湯だめ」と「釜揚げ」の違いをご存知だろうか?

「湯だめ」は、沸騰したお湯じゃなくて水から茹でる?湯駄目!なんて「嘘」です!

水で締めた状態のうどんをお湯に浸し、「つけだし」につけて食べると言う食べ方!

「釜揚げ」は?

釜あげ状態のうどんを茹で汁に浸し、「つけだし」につけて食べると言う食べ方!

ん?何処が違うって?「つけだし」につけて食べるのは同じですが・・・

「湯だめ」は、締めたうどんをお湯に浸すのに対して、「釜揚げ」は、水で締めずに

茹で汁に浸して出すので手間が掛から無さそうですが・・・

実は、湯だめは茹で置きが出来るが、釜揚げはその都度茹でたり揚げたりしないと

いけないので、むしろ手間がかかるので釜揚げの方が高いことが多い!

ここでも「釜揚げ」が¥50円高い価格設定だ!
 

続きを読む