2018.05 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2018.07

やったぁ〜!遂にJ-1昇格ほぼ確定!

  • 2011/11/28(月) 00:01:47

アビスパ福岡が早々にJ-2への降格を確定的になっってしまい、九州のサッカー界はJ-2加盟の

4チームからJ−1へ昇格するが出てくることを渇望していた!

そもそも、アビスパ福岡は、静岡県藤枝市に本拠地を持つ「藤枝ブルックス」を前身とし、

1995年に福岡市に移転し「福岡ブルックス」と改称、その翌年Jリーグ昇格で「アビスパ福岡」へ!
                                          (アビスパはスズメバチ
その後九州唯一のJリーグのチームとして2001年までJリーグのJ-1で活躍していた!

しかし、再三に亙るJ2降格の危機を迎えながらも回避することが多かったため、「落ちない」に

通じるということでアビスパグッズをゲン担ぎに買い求める受験生も多く、クラブもグッズを

太宰府市の太宰府天満宮でお祓いを済ませてから販売していた事は有名!

とうとうJ-2降格となったのが、2002年で2006年に再びJ−1へ昇格するまでは不祥事なども

相次ぎ、プロの品格を欠くイメージダウンなどもあった!

2006年に5年ぶりのJ−1復帰にも拘らず、1年限りで再びJ−2降格!

2007〜2008年はリトバルスキーを監督に迎えるなど話題を呼んだが、下位に低迷のまま

2011年に三度、J−1昇格まで4年を要していた!

2003年から2009年までアビスパに代わりJ−1で活躍したのが「大分トリニータ」だった!

したがって、J−1に九州のチームがいなかったのは、今のところ2002年のシーズンだけ

なのだ!

もうこのような、事態は招きたくない!現在J−2には九州のチームが、この「大分トリニータ」を

はじめとして4チーム!熊本には「ロアッソ熊本」、佐賀には「サガン鳥栖」そして北九州には

キングカズの兄貴「三浦泰年」が監督を務める「ギラヴァンツ北九州」が自動昇格の上位3チー

ムを目指ししのぎを削っていた!

本日第37節を終了して、各チーム残りの試合はあと1試合!前節までにJ-1昇格決定している

のは、「FC東京」のみ!残りの枠2チームは未だ未定の状態だった!

その残りの切符に九州勢で唯一手が届いていた「サガン鳥栖」は、こともあろうに同じ九州の

ギラヴァンツ北九州」に敗れてしまい、同日勝った「徳島ヴォルティス」と勝ち点65で並んで

しまっていた!(ったく!空気読めよ!三浦泰年!

さらに昨日4位だった「コンサドーレ札幌」が勝った為、勝ち点65で3チームが勝ち点で並んで

しまったのだ!
サガン鳥栖には、アウェーでのこの試合に勝つことがJ−1昇格への最後の試練となった! 

そして遂にやってくれました!3-0で見事「徳島ヴォルティス」を下した事で、残り試合で負けて

も得失点差でJ-1への昇格が決定する事となる!(欠格事項が発生しなければ・・・

サガン鳥栖」のJ-1昇格くらいで大騒ぎしてって思ってる方々も多いことでしょうが・・・

今日は、実家に用事があって佐賀に行く事になっていたので、あるところで遅めの昼飯を

食っていると・・・なんと実況中継をやっているではないか!

気が付けば既に後半に入っていて2-0で鳥栖のリード!アウェーにも拘らず凄いぞ! 

写真は、ヴォルティスのフリーキックをキーパーがセーブ!

今度は、サガンのフリーキックをキーパーが一旦止めるも、掴みきれずにファンブル!

空かさず、走り込んでゴールへと捩じ込む!

頑張れ!って心で念じていると・・・な・なんと3点目が入ってほぼセーフティーリードに!
豊田がヘッドで!3点目!

試合終了の瞬間は車の中でみてませんが、鳥栖に本拠地を移し(前身はPMJフューチャーズ

17年の歳月を掛け、やっと叶ったJ−1昇格だ!その間、運営会社の問題やスポンサーについ

てもいろいろと紆余曲折があってチーム存続の危機などもあった!

1987年に静岡県浜松市を本拠にPJMフューチャーズとして結成された「サガン鳥栖」は、

1994年に「鳥栖フューチャーズ」として本拠地を鳥栖に置いた!

JFL2部リーグに加盟していたが、1999年にスタートしたリーグへは、残念ながらJリーグ準会

員にも拘らずJリーグへは参加できなかった!

同じ静岡県のチームを発足母体とした「アビスパ」は、福岡移転が鳥栖より1年後だったにも

拘らずJリーグ加盟を果たした!Jリーグ初期の準会員でJリーグに参加できなかった唯一の

チームが「サガン鳥栖」である!

アビスパと隣県である事を理由に、大型スポンサーがアビスパに寝返った事も結構堪えた!

主力選手(ウーゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナの実弟等)がアビスパに引き抜かれたり、

発足時から不運な事が目白押しだった!

サガン鳥栖の2代目の監督と3代目の監督は、メタおやじの親戚・従兄弟なのでその喜びも

ひとしおです!

おっと!オリンピック代表もロンドンオリンピックへの切符を手に入れそうですね!

あっ!橋本知事も大阪市長に当選府知事も維新の会の松井一郎に決まったようだ!

いよいよ、「大阪都構想」が動き出しますか?

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する