2018.05 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2018.07

明日紹介するつもりだったけど・・・昇開橋(紹介今日?)

  • 2012/04/30(月) 00:01:36

筑後川の下流、福岡県と佐賀県を結ぶ一本の橋がある!

何だかへんてこりんな形なのだが・・・

ご存じない方にご紹介しておこうと思って行ってきました! 
 
この鮮やかに赤く彩られた変な形の橋は・・・かつては鉄道が走っていた!

筑紫次郎の愛称で呼ばれる筑後川も下流になると川幅も広く、行き交う船の中には

大型の船舶も珍しくない!そんな船の航行に支障をきたさない為には・・・

水位が満潮時を想定した上でかなり中央部は高くしないと・・・

ましてやその橋に鉄道を通すとなると途轍もない大きくて高い橋が必要となる!

そこで、考えられたのがこの橋です!大きな船の航行時には中央の部分を持ち上げ、

鉄道が川を横切る時は、下げて列車が通れるようにする! 

佐賀から瀬高まで運行していた旧国鉄佐賀線の「昇開橋(しょうかいきょう)」です! 


明日紹介しようと思ってたんだけど・・・

今日にしました!だって紹介今日(昇開橋)ですから!

筑後川には、いろんな珍しい生き物が生息しています! 

中でも有名なのが・・・エツ!このお店を紹介したときにエツの説明はしましたので参照下さい!

非常に希少種で、鮭目シラウオ科で普通のシラウオ(体長約10cm)より大型!

シラウオは、白魚と記すが福岡県の室見川で捕獲されて「踊り食い」で有名なのは?

素魚(しろうお)であり、スズキ目ハゼ科の魚で、体長は約5cmと小さい!

女性の綺麗な指を白魚のような手と言うが、素魚のような手とは言わない!

シオマネキ!爪(鋏)の片方が異常に大きく発達している珍しい蟹!

大きな爪を使って求愛行動をとる姿が、まるで海に向かって潮を招いているようなので

その名が付いたと言われている!

橋の袂には、一見駅かと見紛う建物があり、

 

中では、地域の物産品などが売られている!

有明海産のマエビです!解凍品ではありません!所謂「」です!

事前予約が必要で当日は買えません!マジすか?マエビ(前日)ですから!(笑) 

嘘です!予約は不要で、当日も買えますよ!

この貝は?ニシ貝(ニシガイ)と言います!

最初は福岡県側に居ても、直ぐに佐賀県側に移動しちゃいます!

佐賀が良いって訳じゃないらしいんですが・・・どうも東よりも西がイイ(ニシがいい)らしい!

橋の袂の周辺は、お散歩やちょっと寛ぐのに良い感じの公園になっています!

かつての国鉄佐賀線の頃や
           
佐賀軌道と言う馬鉄或いは渡し舟の頃を伝える物などいろいろと勉強になります!
           
国鉄時代の線路のポイントや諸富駅の駅のプレート?などもあり、

かつてはここに鉄道が通っていたことを伝えています!
 
1日に8回は昇降する(支障をきたす事が無ければ・・・)

ここから先は、バイクや自転車は駄目!又、ペットと一緒も駄目って事になってるけど・・・

向こうから犬を連れた人がやって来たのはどうしてなんだろう???
 
さぁ〜!大分近づいてきたぞ!近くまで来ると中央部は結構高いことが分かる!
            
時間が来たら今上がってる部分が降りてきて、それに乗って又上まで行けるんだろうか?

へぇ〜!夜間はライトアップなんだ!9時までは通行出来るのもいいね!

早く下りて来ないかなぁ〜?

ん???

こんな張り紙が・・・

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する