2017.12 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2018.02

一優亭 de さようなら!生牛レバー刺

  • 2012/06/29(金) 00:01:58

いや〜!もうあと何日かしたら・・・もう食べらんないだよなぁ〜!

周りの人を誘っても「う〜ん!レバーはねぇ〜!」って! 

そんな矢先、博多区で食中毒!牛レバ刺しが原因か?っていう事件が・・・

こうなりゃ!しゃ〜ない!一人で行くべ! 

候補に選んだお店は・・・ここここ

焼肉屋さんに一人でって言うのは・・・ちょっと・・・という事で、馴染みの「一優亭 大名店」に

決めました!カウンターで一人飲みも出来るので・・・
 
にら饅頭のお店なので、No.1 は、「にら饅頭」ですが・・・2位には「牛レバ刺」が!

鮮度にこだわり!超厚切り!なので・・・お値段はちょっと高めの¥880円

カウンター席の一番奥に陣取ると・・・本日のおすすめメニューを持って来てくれた!

お目当ては、もう決まっているので・・・こんなんは要らん(困難はイラン)けど・・・

でも、生ビール メガジョッキ¥890円は・・・心が揺れた! 

普通に生は、¥500円!焼酎は1杯¥380円〜、キープは、¥1,490円〜!
 
普通の生をオーダーすると突き出しにがめ煮が・・・

ちょっと間をおいて・・・待ったました!「牛レバ刺」の登場!

レバ刺しは、全部で7切れ!

遠近法じゃなくとも手前のが一番大きくて、だんだんと小さくなっているような?

薄切りのお店が多い中、ここのは小振りながらも、厚切りではあるので・・・

レバの独特の食感が、味わえます!味付けは、勿論、塩と胡麻油です!

小ネギと胡麻も散らしてあります!

今日で最後かと思うと・・・名残惜しいですよねぇ〜!
 
下の2枚の写真の○印を真ん中で重なるようにしてご覧下さい!

ほ〜ら!お口を開けて・・・あ〜ん!
           
           ○                                  ○

厚切りレバ刺7切れを独り占めです!誰にも遠慮や気兼ねせずに全部食べれるんです!

あっ!思い出しながら書いてたら・・・ヨダレが落ちた!
           
そして・・・これが正真正銘のラスト牛レバー!FOREVER!

で、ここに来たからにはこれを食べずに帰る訳には行かない!

8個で¥480円!命懸けで作ってるそうだ!

行った事がない人には、1個当たり60円が高いか?安いか?

人によって評価はいろいろでしょうが・・・

食べ方は、先ずは、左の陶器の器に入っているタレを真ん中に仕切りのある小皿に注ぎます!

次いで、一方にラー油!もう一方に「かんずり」を!
           
ちょっと見は、小振りの小籠包を餃子の様に焼いたって感じかな?

先ずは、「かんずり」の方に!

下の写真の○印を真ん中で重なるようにして見て下さい!
           
           ○                                 ○

一個一個に海老が入っているんです!皮は、モチッとした食感です!

これは、その辺の平均的な「博多一口餃子」と比べればクオリティも価格的にもにら饅頭に

軍配が上がると思います!
           
いや〜!牛レバ刺目当てのちょい飲みでしたが、にら饅頭まで食べて満足しているところに

女性の2人組が入店!時刻はアバウト19:30?

この娘らもお目当ては「牛レバ刺」だったようなんですが・・・

残念なことに、その娘らが入店するちょうど2〜3分前にスタッフの「牛レバ刺終わりました!

ハ〜イ!牛レバ刺、終了!」のやり取りがあったので・・・

すいませ〜ん!レバ終わりましたぁ〜!」とスタッフが謝ってました!

女の子達も「えぇ〜!レバ目当てだったのにぃ〜!」と残念そう!

よかったよぉ〜!早く来てて!ビールは1杯に抑えてケチケチでしたが・・・

最後にお冷をくれたり、気配りもちゃんと出来るお店です!お値段が¥2,160円
 
次来る時は、ぜひとも麺類のオーダーもしてみたいもんだ!

ランチのカレーうどん以外は、麺類はかつては無かった!皿うどんあたりが気になるなぁ〜!

場所は、Yahoo地図「九州うまかもん集まれ!」で検索出来ます!

福岡市中央区大名1丁目10−6サンセーヌ大名102
092-732-8840
12:00〜15:00 18:00〜翌2:00
(金・土・祝前日 18:00〜翌4:00)
年中無休

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する