2018.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2018.10

玄瑛で入江さんの幻影を見た?

  • 2009/06/28(日) 22:14:08

今週初め書店で九州walkerを買おうとしたら、福岡walkerに名前が変わって毎月20日発刊の

 

 

月刊誌として生まれ変わっていた!「創刊」とい活字に誘われるが如くすぐ購入!

 

九州walkerの頃からラーメン半額の企画はあったが、何せ隔週発刊だったので使っても

 

せいぜい2枚かな?って感じだったけど・・・・・

 

月刊になったおかげで7月20日まで使えるので・・・これは買わない手は無いね!

 

屋台を含む10店のラーメンが半額になるにで何処に最初に行くかが問題だ!

 

メタおやじが最初の店としてチョイスしたお店は・・・・・・「麺劇場 玄瑛」!

 

玄瑛は、およそ3年前に夏休みを取った日(平日)に、はじめて足を運んで以来行っていない!

 

始めて行った時が、開演になっていたが扉を開けると一杯らしく、「暑いので向かいの木陰で

 

待って居て下さい」と一旦店の外へ追い出された経験が・・・・・

 

おまけに入江さんは居なくて、麺劇場の真ん中で代わりに作っていた人が

 

オーダーをとってた若い人を客の面前で叱り飛ばしていた!(そない怒らんでも・・・って感じ)

 

元来待つのが嫌いなメタおやじが平日の昼間40分以上待たされて900円の???ラーメンを

 

わざわざ食べているのに・・・・・正直ムカついてしまった!

 

ちょっと有名になって偉そうな店やなぁ!」がFirst Impression!

 

先日、夕方に「いっき」を訪れた時に「玄瑛」の前に行列は無かった!

 

「夕方ならすぐ入れる!」という事前調査も出来ていたので、

 

迷わず今回は玄瑛に行くことにした!

 

薬院2丁目までバスで行けるし・・・・(笹丘までの大冒険のおかげ

 

 


 

新作の「紅豚」は、暑気を辛さで吹き飛ばせがコンセプト!8種類の素材で作るスパイス油を

 

絶妙なバランスでトンコツスープに加えたものらしい!

 

メニューを一生懸命探すが、まだ載ってない!
 
仕方ないのでオーダーをとりに来たお兄さんに半額券を提示した!
 

 

 

福岡walkerお薦めの「卵かけご飯」(¥300を浮いた分でオーダー!
 
茨城「日本一のこだわり卵」は、確かに噂どおり黄身がオレンジ色
 
そんじょそこらの卵と一緒にするな!」と自己主張してそうな卵だった!

 

 

卵とおかかを熊本菊池産のご飯にFade In!
 
卵かけご飯と戯れていると麺劇場に店主入江さんが入場!
 
ピントが合うてへんけど、本物か?ひょっとして玄瑛だけに幻影? 

 

 

卵かけご飯をかき回していたら、やってきました紅豚!
 
ピリ辛肉味噌は、まるで坦々麺!スパイス油は色は辛そうに見えるがさほど辛くは無い!
 
ズッキニやカボチャなどが入っていて合っているかどうかは別にして、玄瑛らしい!

 

 

えっ!聞こえた?別に悪口行ってませんよ!
 
入江さん退場!
麺は、細麺ストレートでよそよりもやや短め?一気に啜れる長さ!
 
卵かけご飯は、おかかのかつお風味が「日本一のこだわり卵」の深みのある旨味
 
更に引き立てていてグッドテイスト!
      
結論的に、味には文句なく問題はお値段かな?十分半額ならOK!ですけど!
 
せめてThree Quarterぐらいにしてもらうと行き易いんですが・・・・
 
PS.気がついた点ですが、ラーメンどんぶりは意外と底面積が小さいにも拘らず深めの丼なのに
 
木製のレンゲは、スープを啜るのには浅すぎて大きすぎる!スープが飲み難い!
 
お代を払って、店外へ出ようとしていたら入江さんが行方不明に・・・・・
 
出口を出ると扉を開けてくれてたのが、入江さんでした!
 
ご馳走様!美味しかったです!」        「ありがとうございます!
 
写真いいですか?」                 「どうぞ!」と快く撮影させてくれました!
 
めっちゃ気さくでいい人でした!(笑顔を見れば分かるでしょ!

 

 


 

場所は、Yahoo地図「九州うまかもん集まれ!」で検索して下さい!

 

福岡市中央区薬院2−16−3
092−732−6100
月〜土 11:30〜14:30 18:00〜24:30
日祭祝 11:30〜22:00  売切次第終了
16席  無休

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する