2008.12 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2009.02

ちー坊のタンタン麺

  • 2009/01/17(土) 15:27:20

坦々麺とは・・・

1841年ごろ、四川省自貢陳包包というあだ名の男が考案して、成都で売り歩いたと

言われる。「担担」は成都方言で天秤棒を意味するが、もともとは、天秤棒の片側に七輪と鍋を、もう一方に麺や調味料などを吊して、担いで売り歩いた。

鍋はまん中に区切りがあり、片方にはを、片方にはを入れるようにしていた。

暖かく、辛い麺を出したのが受けて流行ったという。

 

日本の担担麺は、四川省出身の料理人陳建民(「料理の鉄人」 陳建一の父)が

日本人向けに改良した作り方を紹介して広まったと言われる。

一般に中国のものと比べて直径で1.5倍以上、場合によっては3倍ほどの碗で出され、

日本のラーメンのように一杯で一食が事足りるようになっている。

そして、辛さをおさえるためにスープを合わせ、汁麺として出される。

 

陳建民には、1990年に70歳で生涯を終えるまでに四川飯店をはじめ全国に数百人の直弟子がいたといわれる。そのうちの一人に「ちー坊」こと立岡池敏がいた。

 

陳建民直伝の坦々麺を世に広めたいとの思いで福岡市住吉で坦々麺専門店を始めたのが

 

「ちー坊のタンタン麺」住吉店である。(のちに移転し「ちー坊の食堂屋形原店」となる)

 

大名に出した最初の支店がここ大名店である。

 


ここには坦々麺の味のこだわり以外にも「こだわりの三箇条」がある。

 

である。特にメタおやじのお気に入りは「

 


メニューは、

ちー坊のタンタン麺(680円)白・黒    辛いのが好きな人は、激辛タンタン麺(700円)白・黒

まろやかさを求める人には、チーズ入りタンタン麺(750円)白・黒

葱が駄目な人には、葱なしタンタン麺(550円)白・黒

 

坦々麺苦手なのに付き合いできてしまった人のため??

ちー坊の葱ラーメン(680円)塩味・醤油味


ちー坊のタンタン麺白のランチ(ご飯・漬物付)プラス50円でOK!

普通だと白飯200円なので、ランチタイムはお得です!

 


激辛タンタン麺黒のランチ

 テーブルの自家製ラー油を入れて更に辛さを増すことも可能

つけ麺ブームにも対応??タンタンつけ麺(700円)

もっと麺入れて!!大盛りは150円増し?


替玉は250円なのに大盛りだと150円増しなので・・・

 

ガッツリ行きたい人は、迷わず最初から大盛りで・・・


本当のタンタン麺??マニアックオーソドックスともに750円

 

本当ってことは・・・他のは偽物???ではなくて・・・

 

汁なしの坦々麺の激辛が本当のタンタン麺マニアックと思ってください!


場所が分かりにくいのでYahoo地図「九州のうまかもん集まれ!」で検索してください!

 

 

福岡市中央区大名2丁目10-39 
092-725-0055
11:30-16:00、18:00-23:00
日曜休

たこ焼き屋さんでお好み焼き!

  • 2009/01/10(土) 15:04:04

たこやき屋さんは、
 
県内外を問わず、最寄りの駅や、学校の近く等至る所に存在する。
 
時にワゴン車で登場したりもする。
 
それだけ、庶民に浸透した食べ物なのかもしれない。
 
今回ご紹介するのは、春日市須玖にあるたこ焼き屋さん!
 
福岡方面からだと井尻四つ角を南西に曲がる右折ではない)。
 
以前は、道の左側にあったのだがリニューアルし右側に移りました
 
そのお店の名前は、「たこやき太郎」(何とベタな名前?!怒られるで!)
 
夕方、小腹がすいたメタおやじは、「たこやきでも食べる?」と車を停めた。
 
 
 
同乗の部下が「たこやきもお好み焼きも同じ400円ですよ!」
 
お好みにしませんか?」というので、お得感のみ好み焼きに方針転換!
 
 
 
お好み焼きは
 
¥300たまごから¥350田舎風(焼そばめん入り:モダン焼き?)
 
¥400だとコーン・いか・えび・肉・納豆・ベーコン・ツナ・ウインナー
 
とバラエティに富む。
 
¥450チーズ・もち・ミックス豪華さが加わる。
 
メタおやじは、えびをオーダー
 
上の写真の状態で、運ばれてきます。
 
ソース、かつおぶし青のりマヨネーズはテーブルに備えてあり、
 
お好みで好きなだけどうぞ!!


ジャンボサイズ(プラス150円)もあるが・・・・
 
写真は、ノーマルで直径およそ25センチ??厚さもご覧あれ!
 

1.5センチはあろうかと??
 
えびも何匹入っていたかは確認しませんでしたが、
 
ここにも!ここにも!というくらいたくさん入ってました!
 
ということで、小腹がすいた状態の解消どころか「晩飯いらん!」状態に!
 
400円でお腹一杯ということでは、満足できる結果ではあるが・・・・
 
最初からそれを求めていなかったメタおやじにとっては、とってもへヴィでした!
 
ちなみに、ここのたこ焼き12個入りで400円。
 
もちろん大玉でタコもでかいと評判です!
 
 
場所は、Yahoo地図「九州うまかもん集まれ!」で検索してください!
 
 
春日市須玖6−5 
 
092-501-8571

君も桜島に挑戦してみないか???

  • 2009/01/09(金) 15:00:13

大盛り・馬鹿盛りのお店ってありますよね!

 

大盛りのちゃんぽんは、そこそこ経験あるけど・・・・

 

ラーメンは、麺を大盛りするぐらいで具とかトッピングと言ったものが

 

最初からさほど存在しない為に、せいぜい替え玉の数を競うくらい??

 

ところが、九州人の常識を根底から覆す驚異のラーメンが福岡空港の東にある

 

スーパーセンタートライアル福岡空港店の駐車場内に存在した!

 

その名も「島系本店」!

 

島系って何系?どこの島?ハワイサイパングァムプーケット?(まだやりますか?)

 


その島は、店舗入り口の券売機を見てすぐに理解することが出来た!

 

そう!券売機右上端のメニューボタンをご覧あれ!

 

「ラーメン桜島」(野菜ドカ盛)でお分かりのように

 

桜島・鹿児島の島から取った名前のようです!

 

さて、その「ラーメン桜島」ですが・・・・

 

とりあえず、御覧ください!

 

 

レンゲを無理やり突っ込んだので、やや崩れかけてしまった!しかし、半端じゃない盛の高さは

 

はっきりとご覧頂けるでしょう!

 


ラーメン通の間では、二郎系と呼ばれているらしく、ラーメン二郎の極太麺と野菜大盛りが

 

ここのラーメンそっくりらしい!

 

二郎では、「ニンニク入れますか?」と聞かれると、通はニンニクの要・不要に続けて

 

「野菜大盛り!」というそうな!

 

ここ島系でも「ニンニク入れますか?」と聞かれるが、・・・・・

 

通はきまって「極太麺に野菜大盛り!」と言っていたことから     

 

いっそのこと定番のメニューにと言うことになったらしい・・・・

 

殆んどがもやしだが、キャベツも混じっており、そのもやしの下には厚切りのチャーシューも

 

隠れている!

 

相当な覚悟をして臨んだが、最初は喰っても喰っても、もやしの山はいつ果てるとも

 

知らない状態で、少々顎もきつくなってくる!

 

やっと麺に出会えたのは、もやしの山が半分以下になった頃で

 

くたばりかけた顎に、もっちりの極太麺は更にheavy!

 

完食する頃には、もう顎はダルダル、腹はパンパン!

 

福岡じゃ、こんな山盛のラーメン他にないと思います!

 

胃袋に自信のある方は、是非挑戦なさっては!?

 

場所は、Yahoo地図「九州うまかもん集まれ!」で検索してください!

 

福岡県糟屋郡志免町大字別府547-1
(スーパートライアル別棟 駐車場内)
TEL: 092-935-5257
11:00〜16:00 18:00〜21:00
月曜日定休(祝日の場合は翌日)

 

自家製手作りコロッケ・チキン串カツも・・・

  • 2009/01/08(木) 14:57:05

ワンコイン500円ランチで有名な?鉄板居酒屋一喜(2回目の登場!)

 

最初に紹介できなかったメニューを・・・・

 

コロッケ定食500円

 

自家製手作りのコロッケ夜のメニューとしても大人気!)

 

他のメニューのようにボリュームを求めると物足りなさは否めないところだが・・・

 

3個だと多すぎることがわかるはず!

 

 

 
最近定番のメニューに加えて特別メニューが登場する!
 
それが、このチキン串かつ定食500円
 

チキンの串カツが4本付いて500円
 
アツアツの揚げ立てコロッケ揚げ立て串カツ好みは分かれるにしても
 
どちらも炊きたてのおいしいご飯とみそ汁によく合う!
 
美味しい定食屋さんの共通項はご飯が旨い
 
これに尽きる!
 
逆にご飯がまずいと他が良くても人気を半減させてしまう!

 

場所は、Yahoo地図「激安!Z級グルメ!?」で検索してください!

 

福岡県福岡市中央区舞鶴1−2−10 
092-751-5591

非豚骨ラーメンで頑張るぞー!

  • 2009/01/07(水) 14:49:49

ラーメン=とんこつの九州。

 

その中にあって福岡は豚骨スープでさえ激戦区。

 

あえて非豚骨で勝負する勇敢なお店を福岡那珂川町に見つけた。

 

その名は「中華そば ひさご」。

 

 

ラーメンのメニューは基本的に3種類。
 
ノーマルのラーメン激辛ピーピーラーメン(辛さは5段階)、うめわかめラーメン
 
替玉は105円半分は53円

 

 


 

メタおやじがオーダーしたのは、ラーメン。

 

透きとおった黄金色のスープチャーシューは2枚シナチク5つ?

 

中央にもやしのトッピング、青ネギが丼の半分は覆っている。

 

胡麻は入れ放題

 

スープの中から麺を摘まみ上げると、意外や意外ちぢれ麺しかもかなり細い!

 

これは柔らかいな!(固めんで・・・と一言添えるべきだったか?)

 

ひとすすりで、あっけなく裏切られた!

しっかりシコシコ歯ごたえの細麺のちぢれ麺との初対面となった!)

 

麺とスープの絡み具合も勿論抜群!

 

 

 

 
見よ!これがこだわりの自家製麺!

こだわりの自家製麺(メタおやじはそのこだわりの虜になったようだ

 


次回は、激辛ピーピーラーメンやうめわかめラーメンにチャレンジしたい!

 

PS.ラーメン大盛が720円なのにラーメンを替え玉すれば605円で済む。

 

麺の量は大盛も2玉だそうだ!何か不思議?この謎解きはオーダーすれば分かります!

 

 

場所は、Yahoo地図「九州うまかもん集まれ!」で検索してください!